聞こえに自信がありますか|急に聞こえなくなる恐怖に打ち勝とう|突発性難聴に要注意
先生

急に聞こえなくなる恐怖に打ち勝とう|突発性難聴に要注意

聞こえに自信がありますか

カウンセリング

家族と共に相談しましょう

高齢になると老眼になるように耳にも老化が生じてきます。聞こえの低下は初期症状ではわかりにくく、家族や友人から聞き返しが多い点やテレビの音が大きいなどの指摘を受けるようになります。本人は気にならなくても家族は潤滑に会話ができないストレスにより、負担が掛かる場合もあります。そこで、補聴器販売店では聞こえが低下した本人の家族からの相談を受ける機会が多くあります。補聴器とはどのようなものか形状や価格、購入の流れなど、販売店では具体的に情報を提供してくれます。出来れば聞こえの低下した家族と共に話を聞くことで、補聴器装用のきっかけとなることがあります。まずは聴力検査を受け、自分の聞こえの程度がどの程度なのか、オージオグラムという分析結果を見ながら自覚するとよいでしょう。

両耳装用がお勧めです

聞こえは左右同じように悪くなる訳ではありません。補聴器販売店では、片耳だけ聞こえが悪い場合にはそちらの耳の補聴器を装用を勧めますが、両耳が同程度の聞こえの悪さを認められた場合には両耳装用を勧めています。片耳にだけ装用すると、音の聞こえてくる方向や音量の程度が把握しにくくなります。そこで両耳に装用することで音量感が生まれ、音の方向性や位置を的確に把握することができます。また、それぞれの耳がお互いの耳をサポートしてくれるため疲労感が少なくなり、自然な聞こえに改善していきます。複数の人との会話で、誰が話しているのかわからない状況を回避できると積極的に自分から話しかけたくなり、脳の活性化にも繋がります。補聴器販売店へ自分に向いている補聴器を選定してもらいましょう。