聴覚を研ぎ澄ます|急に聞こえなくなる恐怖に打ち勝とう|突発性難聴に要注意
先生

急に聞こえなくなる恐怖に打ち勝とう|突発性難聴に要注意

聴覚を研ぎ澄ます

病棟

試聴してみる

現在、医療業界では最新機器を数多く手掛け、耳鼻科では優れた性能の補聴器が揃っています。例えば、レンタルで良し悪しを図るのが目的で、ワイヤレスシステムの補聴器が提案されています。手元での操作が必要なリモコンが付帯されていたり、テレビとの無線通信で便利な毎日に繋がるのか、レンタルしなければ検討するには難色が示されます。例えば、声を聞き逃したくない話し相手の胸元に付けたり置いたり、補聴器で明瞭な声が無線で届くのか、確認が可能です。医療施設である耳鼻科は、比較的静かな環境でノイズも少なく、試聴には不向きな環境です。大人数での会話や電話、衝撃音などの聞き取り環境や不快感まで検証するには、レンタルで確認することで耳介効果までが得られます。

音に注意が払える聞こえ方

補聴器レンタルの必要性を耳鼻科では推進しており、幅広い周波数帯の聞こえを復元し、補う機能を体感することで自然な聞こえを追及できます。例えば、安価が魅力の耳かけタイプは、耳が本来聞き取れる周波数を十分に拾えないため、レンタルであれば手軽に確認が可能です。左右の耳で空間を認識するにも、周囲の様々な音声を掴むことが大切です。難聴者の場合にはこうした指向性の掴みが難しく、聞こえる環境認識を図ることに期待できます。例えば、前方からの会話に集中していても、後方からの話し声まで認識できるなど、自然な距離感や方向感まで違いとして体験できます。結果、環境音の可能性を損なわず、雑音下での会話の理解まで高めることが期待できます。